地震が起こったときにもすぐに行動ができる|便利な予測情報サービス

男の人

災害の被害を軽減するには

困る人

災害への備え

災害はいつどこでどのようにして発生するか予知が不可能と言われています。日本は世界屈指の地震大国であり、国内初の都市直下型地震であった兵庫県南部地震(阪神大震災)や東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)は被害の範囲が大きく、液状化現象や津波の影響で2次被害をも出し、死者、重軽傷者、行方不明者を多く出したことは日本人の記憶に残っています。これらの地震被害は想定を大幅に超えており、これに対してどのような対策が取れたかは分かりません。ただ、日本が地震大国であり、過去にこのような大きな災害を経験していることから、様々な災害対策が取られ、被害を最小限に抑えるような対策が取られています。建物への耐震強化や防波堤の再建、様々なインフラ整備の強化など災害への対策は国家レベルで行われています。

個人の危機管理意識

地震予知は不可能と言われていますが、震災被害を軽減するために日々地震予測はされています。地震予知難しいとされながら過去のデータに基づき、確率的予測を行い、テレビメディアやラジオ放送などで配信されたり、インターネット環境を介してアラート通報などで、震災被害となった場合の初動を促す目的で情報配信されています。予知や予測も重要ですが、問題となるのは個人の危機管理意識であり、震災発生後の行動を適切にするために、日頃からできる震災対策を十分にしておく必要があります。安全な避難経路の確認と被災後の食料や物資確保、近隣世帯との協力意識、地震保険の加入、落下物などの対策など日常から出来る努力も必要となり、このことが被害を軽減させ、復興をも早めると言われています。